なた豆茶 蓄膿症

蓄膿症

なた豆の排膿効果で蓄膿症の症状緩和を!

蓄膿症に悩まされている人は、痛みが出てしまうと何もできないくらいに辛くなってしまいますよね。前を向いているときは良いですが、下を向くと強い痛みが出てくるので、仕事などにも支障があります。

 

耳鼻科に行っても改善されることは少なく、痛み止の薬と付き合っていかなければなりません。蓄膿症というのら鼻の付け根に膿がたまってしまうので、酷くなると自分でもわかるくらいに臭いが出てくることもあります。

 

蓄膿症は手術をしなければ治らないと思っている人もいますが、近年なたまめ茶がとても注目されています。

 

なたまめ茶の原料であるなたまめは、古くから膿を出してくれたり炎症を押さえてくれるという効果が知られていて、なたまめに含まれるカナバニンやウレアーゼという成分が膿の排出を助けてくれます。

 

自然に少しずつ膿を出してくれるので、何かの治療をして痛みを感じてしまうようなこともないし、毎日飲んでいるお茶をなたまめ茶に変えていくだけなので、とても簡単に取り組むことができますよね。

 

そんなに効果があるのなら、金額も高いんじゃないの?と思う人もいるようですが、なたまめ茶はリーズナブルに購入することができるので、敷居が高いというようなこともありません。

 

香ばしくて飲みやすいお茶なので、自宅ではもちろん、水筒などに入れて、外出するときにも持っていくことができます。蓄膿症で辛い思いをしている人は、一度試してみると良いと思います。お茶を飲むだけで改善出来るので、手間もかかりません。

蓄膿症関連ページ

歯周病による口臭
歯周病はほとんどの方が持っている病気です。自分ではこまめに歯磨きをしているようでも、歯周病は少しずつ進行して口臭などの様々な症状を引き起こします。なた豆はそんな歯周病にも効果があると言われています。
歯周病や歯槽膿漏
歯周病や歯槽膿漏と言われたことはありませんか?最近歯に物が詰まり始めたり歯茎が少し下がってきたというのは歯周病のサインです。歯周病菌にも効果があると言われている「なた豆」の殺菌効果について解説してみます。
慢性鼻炎
慢性鼻炎のおもな原因は免疫力の低下によるもの。なた豆に含まれているコナンカバリンには免疫力を高める作用があり、そのため鼻炎の症状を緩和できると言われています。
副鼻腔炎
蓄膿症と同じで鼻に膿がたまる副鼻腔炎。子供がよくかかりますが、放っておくと耳鼻科での消炎剤の吸入を余儀なくされてしまいます。なたまめ茶は副鼻腔炎の症状改善にも効果があると言われています。

ホーム RSS購読 サイトマップ