なた豆茶 歯周病

歯周病や歯槽膿漏

なた豆の殺菌効果で歯周病や歯槽膿漏を予防

ある程度の年齢になると「歯周病」や「歯槽膿漏」になってしまい、口臭が気になってくるということがありますが、こうした症状というのはとても不快ですよね。

 

歯茎に膿がたまってしまうので、痛みが出たり、歯磨きをすると出血してしまったりしますが、それだけではなく、口臭の原因になってしまいます。

 

自分では気がつかないかもしれませんが、歯周病や歯槽膿漏の人の口臭はかなりきついので、話をしている相手は辛いかも知れません。それに、歯茎が弱くなってしまうことで、歯がグラグラしてしまったりもしますよね。

 

歯医者での治療も大切ですが、それ以外にも自宅でできるケアを心がけていきましょう。

 

ネットで話題のなたまめ茶は、有効成分であるカナバニン、コンカナバリンAなどの働きによって、膿を排出してくれるという解毒作用があります。ですから、歯周病や歯槽膿漏で貯まってしまった膿をどんどん排出して症状を軽減してくれます。

 

その効果によって、口臭も無くなっていきますから、口の中がスッキリとするし、膿が排出されることで歯茎が引き締まり、強くなります。

 

歯は一生大切にしましょうと良く言われますが、一度歯茎が弱くなってしまうと、中々治すのが難しく、治療にも時間がかかります。歯磨きで気を付けるといっても難しいし、なたまめ茶の場合には飲むだけですから、面倒なことは続けられないという人でも無理なく続けていけると思います。

 

ネットのクチコミでもかなり評判が良いので、是非飲んでみてください。

歯周病や歯槽膿漏関連ページ

歯周病による口臭
歯周病はほとんどの方が持っている病気です。自分ではこまめに歯磨きをしているようでも、歯周病は少しずつ進行して口臭などの様々な症状を引き起こします。なた豆はそんな歯周病にも効果があると言われています。
蓄膿症
蓄膿症のつらい症状どうにかしたいものです。蓄膿症は鼻に膿が溜まる病気ですが、膿がたまることで頭がぼーっとしたり頭痛やその他の症状が出てしまいmス。なた豆の排膿効果は蓄膿症の膿にも期待が持てるようです。
慢性鼻炎
慢性鼻炎のおもな原因は免疫力の低下によるもの。なた豆に含まれているコナンカバリンには免疫力を高める作用があり、そのため鼻炎の症状を緩和できると言われています。
副鼻腔炎
蓄膿症と同じで鼻に膿がたまる副鼻腔炎。子供がよくかかりますが、放っておくと耳鼻科での消炎剤の吸入を余儀なくされてしまいます。なたまめ茶は副鼻腔炎の症状改善にも効果があると言われています。

ホーム RSS購読 サイトマップ