なた豆茶 歯周病

歯周病による口臭

なた豆茶で歯周病による口臭もシャットアウト

自分の口臭が気になるという人は案外多く、ついつい話をするときに口元に手を当ててしまったり、ガムを噛んでいないと口臭が気になって仕方ないという人がいると思いますが、口臭の原因というのは様々ですよね。

 

何か内蔵に問題があったりするのであれば別ですが、口の中に問題がある場合には、なたまめ茶を飲んで口臭予防をしましょう。

 

なたまめ茶といっても聞きなれない人がいるかも知れませんが、なたまめというのら薩摩地方で作られている大きな豆です。人間の腕くらいにもなる大きなサヤの中で育つのですが、なたまめの成分にはカナバニンやコンカナバリンA、ウレアーゼ、などの成分があり、これらの成分が細菌の繁殖を押さえたり、免疫力を高めてくれたりするので、口の中のネバツキを無くして、口臭を予防してくれます。

 

ハーブでもこうした効果を持っているものがありますが、くせがあって飲めないという人もいますよね。

 

なたまめ茶は古くから薩摩地方では毒出しのお茶としても親しまれていて、ごく普通に飲まれているお茶なので、くせがなく飲みやすいんです。子供でも飲めるような味わいで、飲んで数分で口の中がスッキリしてくるのがわかります。

 

長年口臭に悩まされていた人も、なたまめ茶の存在を知って、実際に飲んでみたところ、本当に口臭が気にならなくなったと言っています。薬を使ったりするわけでもなく、高いケア用品を使ったりするわけでもありませんから、続けやすいと思います。

 

なたまめ茶はこの他にも健康にも良いので、とてもオススメです。

歯周病による口臭関連ページ

歯周病や歯槽膿漏
歯周病や歯槽膿漏と言われたことはありませんか?最近歯に物が詰まり始めたり歯茎が少し下がってきたというのは歯周病のサインです。歯周病菌にも効果があると言われている「なた豆」の殺菌効果について解説してみます。
蓄膿症
蓄膿症のつらい症状どうにかしたいものです。蓄膿症は鼻に膿が溜まる病気ですが、膿がたまることで頭がぼーっとしたり頭痛やその他の症状が出てしまいmス。なた豆の排膿効果は蓄膿症の膿にも期待が持てるようです。
慢性鼻炎
慢性鼻炎のおもな原因は免疫力の低下によるもの。なた豆に含まれているコナンカバリンには免疫力を高める作用があり、そのため鼻炎の症状を緩和できると言われています。
副鼻腔炎
蓄膿症と同じで鼻に膿がたまる副鼻腔炎。子供がよくかかりますが、放っておくと耳鼻科での消炎剤の吸入を余儀なくされてしまいます。なたまめ茶は副鼻腔炎の症状改善にも効果があると言われています。

ホーム RSS購読 サイトマップ