なた豆茶 副鼻腔炎

副鼻腔炎

副鼻腔炎による子供の鼻水・鼻づまり

子供がいつも鼻をズルズルとさせていたり、食事のときに息苦しそうにフガフガしているようなことがあったら、副鼻腔炎かも知れません。

 

副鼻腔炎は蓄膿症と同じで鼻の付け根の部分に膿が溜まるというものですが、子供の場合には大人ほどの痛みは出ません。しかし、小学生くらいになると、次第に痛みが出てくるので、勉強の妨げになってしまったりします。

 

副鼻腔炎になってしまう原因は、免疫力の低下や細菌などがありますが、頻繁に耳鼻科に通って消炎剤を吸入しなければなりません。

 

子供にとってはこれがとても面倒だし、通うのをいやがるようなこともあります。しかし早い段階で治してあげなければ、この先ずっと副鼻腔炎の症状に悩まされてしまうことになるので可哀想ですよね。

 

だけど正直なところ、通院費用の負担は大きいし、何か他に良い方法があれば良いのに…。と思うこともあると思います。子供のうちから薬に慣れさせたくないし、どうしようかと思っているのであれば、なたまめ茶を試してみてはいかがでしょうか?

 

なたまめ茶にはカナバニンやコンカナバリンAという成分が含まれていますが、これらの成分が膿を出してくれる働きをしてくれるので、鼻水と一緒に膿を少しずつ排出してくれます。

 

お茶を飲むだけですから、子供にも負担がかからないし、薬を飲むわけでは無いので、副作用の心配をすることもありません。

 

病院に行けば薬を出されてしまいますが、嫌がって飲まない子もいますよね。なたまめ茶は苦味などもなく、飲みやすいので、抵抗なく飲めるのではないかと思います。

副鼻腔炎関連ページ

歯周病による口臭
歯周病はほとんどの方が持っている病気です。自分ではこまめに歯磨きをしているようでも、歯周病は少しずつ進行して口臭などの様々な症状を引き起こします。なた豆はそんな歯周病にも効果があると言われています。
歯周病や歯槽膿漏
歯周病や歯槽膿漏と言われたことはありませんか?最近歯に物が詰まり始めたり歯茎が少し下がってきたというのは歯周病のサインです。歯周病菌にも効果があると言われている「なた豆」の殺菌効果について解説してみます。
蓄膿症
蓄膿症のつらい症状どうにかしたいものです。蓄膿症は鼻に膿が溜まる病気ですが、膿がたまることで頭がぼーっとしたり頭痛やその他の症状が出てしまいmス。なた豆の排膿効果は蓄膿症の膿にも期待が持てるようです。
慢性鼻炎
慢性鼻炎のおもな原因は免疫力の低下によるもの。なた豆に含まれているコナンカバリンには免疫力を高める作用があり、そのため鼻炎の症状を緩和できると言われています。

ホーム RSS購読 サイトマップ